一般内科では、内科系疾患を幅広くトータル的に診ることが基本となっています。

ですから、風邪をひいた時にも、一般内科で大丈夫です。風邪症候群は、のどや鼻などの急性炎症のトータル的な総称です。風邪の症状としては、発熱があったり鼻水が出たり、くしゃみやのどの痛み、それに咳やたんなどの不調を抱えるのが一般的です。

体調不良で該当する症状があるならば、はやめにクリニックを受診するといいです。インフルエンザにも対応可能です。症状としては風邪の症状と似ているものの、これはインフルエンザウイルスに感染しておこる病気です。風邪とは違って症状は、急激に発症するのも特徴です。

熱が一気にあがり、38℃以上の高熱がでたり、筋肉痛といった全身に症状がでてきます。インフルエンザ予防で、インフルエンザワクチン注射の接種をすることもできます。喘息も相談して、適切な治療をしていくことができます。炎症で気管支などが狭くなる病気です。

喘息になる原因はひとつとは言えず、様々です。喘息発作は問題で、咳や息苦しさがある症状が出ます。ひどくなると呼吸困難になるケースもあるため、医療機関を受診して管理をすることも大切です。

喘息症状を誘発する要因としては、冷たい空気を吸い込んだり、タバコの煙などもあります。喫煙習慣があるならば、喘息をお治療するためにも禁煙をすることが必要になってきます。家族に喘息の人がいる場合も、家族のために禁煙をすることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *