一般内科では幅広い疾患に対応しています。

そんな一般内科では、便秘の症状も相談が可能です。内科は風邪をひいたり、胃腸炎などだけが診療項目ではなく、便秘を解消するためにも適切な治療を行っていく提案をしてくれます。

人には話しにくい悩みですが、便秘に悩む人は少なくはないものです。予約制ではない内科もあるので、来院前に確認をするといいでしょう。便秘の症状は、お腹が張って苦しいとか、なんだかすっきりしないとか、お腹が出てしまうのも悩ましいところです。

便秘歴も長くなると、便秘薬の下剤が増えてきている可能性もあります。便秘はお腹の問題のみではなく、肌の調子が悪いとも感じさせます。便が硬いとか痔がある、血便がきになることや、肩こりも便秘は関わりやすいです。

そもそも便秘になる主な原因は、生活の中にあることが大きいです。食事の栄養が乱れていたり、水分不足も原因になります。日頃から運動しないとか、過剰なストレスを抱えていたり、生活環境の変化も原因になります。市販薬の下剤を、自分の判断で飲みすぎているとか、腸内環境の悪化も考えられます。

主な診察内容としては、問診に触診、腹部エコーやレントゲンに採血、それに大腸内視鏡検査やカプセル内視鏡検査などもあります。ですが、すべての検査を行うものではありません。運動指導や食事指導、生活改善や服薬指導などもあります。排便日誌を付けることもありますから、指導に従いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *