特に年末の忘年会シーズンや、年明けの新年会では、二日酔いに悩まされることが増える時期です。

昨日は楽しく飲んだものの、翌朝には辛い二日酔いで、仕事にも支障が出そうな時には、内科にお世話になることもできます。二日酔いで内科の受診とは、恥ずかしいと思うかもしれません。

普通に仕事ができそうなら、我慢して仕事にもなりますが、それ以上に体調にマイナス要素が多いならば、内科で相談をしてみましょう。そのときの症状によって、適したお薬の処方もあります。二日酔いの症状としては、だるさや脱力感、頭痛や吐き気、口が渇いたりめまいがしたり、発汗や血圧の上昇もあります。

集中力も低下しますから、そのままの状態で仕事は無理でしょう。手の震えがあったり、不安やうつとか、イライラも出てくることがあります。なぜこのような、二日酔いになってしまうのでしょう。

アルコール自体が発端となって、胃腸の障害が起きたり、低血圧や過剰な免疫反応が起きたり、ミネラルのアンバランスがおこったりもします。アルコール代謝におけるアセトアルデヒドの中毒 とか、アルコールの離脱症状もあります。

お酒には不純物質も含まれるので、メタノールなどによって、二日酔いの症状が出ることも考えられます。治療といっても本人のできることは、お酒はもう控えて休むことです。とにかく眠って休むのは、体にとって回復になるひとつの方法です。お酒を飲む時には、水分を摂取しながらにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *