歯医者の役割は長期間にわたってより多くの人々が健康な歯を維持する事が出来るようにサポートを行う事です。

また、早期発見、早期治療に力を入れ、症状が軽いうちにケアを終えてしまう事も重要な役割です。歯医者は機械的、画一的に患者のケアを行うのではなく、個人の状態やニーズに合ったケアを行う事が大切な仕事です。これを実現するためには初診時の問診やカウンセリングを丁寧に行い、患者の状態やニーズを的確に把握する事です。歯医者は受診した患者の歯のケアを行うだけではなく、地域の公民館や学校で住民、児童、生徒等に対して歯の健康を守るための指導を行う事も重要な業務です。

予防に力を入れる事も大事な業務です。身体の問題だけではなく心の問題に取り組む事も大切な仕事です。心の問題を解消出来なければスムーズに患者の治療を行う事が難しいです。歯医者は迅速に治療する事にとらわれ過ぎず、相手の状況を観察しながらケアを行った方が良いです。

治療を行うだけではなく、事前に患者の状態を患者自身に分かりやすく説明し、本人に治療法や治療期間を納得してもらってからケアを開始させる事も重要な業務です。また、患部の治療が終了で患者との関係を切るのではなく、アフターケアに力を入れ、歯の状態を安定させる事も歯医者の重要な役割です。患者の悪い部分をその人に合った方法で治し、長期間にわたって健康な歯を保てるようにする事が最も重要な業務です。歯を治すだけが仕事ではないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *