歯医者は痛い場所、怖い所と多くの人が思っています。

歯科の病気は、虫歯と歯周病に大きく分類されますが、どちらの病気も放置していては自然に治ることはありません。少し冷たいものがしみる症状があっても、痛みが出るまでそのままにしてしまう人も多いです。初期の虫歯であれば、一回の治療で治すことができます。症状が進むにつれて、治療回数も増えてしまうので、早期発見、早期治療が大切になります。そこで、歯医者での定期的な健診がおすすめです。

大人であれば半年に一度、子供の場合は三カ月に一度、歯医者に行くことで、お口の中の状態を常にいい状態にすることができます。乳歯は永久歯に比べてやわらかいため、虫歯の進行が早く、こまめなチェックが欠かせません。健診を受けていると歯科医院に慣れて、虫歯になった時の治療もスムーズにできるのでおすすめです。大人の場合は、虫歯よりも歯周病で歯を失ってしまう人が多いです。歯周病は痛みがないままにどんどん進むので、自覚症状が出る頃には重症化していることがあります。

おすすめの定期健診を受けることで、歯石の除去など歯周病が進む前に治療に入ることができ、結果的に歯を長持ちさせることが可能です。永久歯を失ってしまうと、二度と自分の歯が生えてくることはありません。自分の歯を大切にすることが、全身的な健康にもいい影響を与えます。歯を失うと、食べ物が噛みにくいだけでなく、発音や表情にも影響が出てしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *