歯医者さんと言えば、むし歯を治療する人というイメージがつきものですが、最近の歯科分野はかなり進歩しておいり、インプランと言われる人工歯の植え込みや歯周病の治療といった高度な技術がありますので、かなり高度な技術を修得しなければなりません。

さて、歯医者になるには、6年生大学(歯学部)あるいは歯科系大学を卒業して国家試験に合格する必要があります。その後、一年以上の研修期間を経て歯医者として独立することもできます。年々女性の方が増えており、歯科医の40%は女性なのです。一般に医師に比べて体力を必要としない、という理由からのようです。

手先が器用というのも実は女性むきなのです。歯医者は免許を修得すると、一生はたらくことができます。歯科という狭い世界での仕事ですので、ほとんどが開業します。勤務医としてはごくわずかであり、大学病院や口腔外科がある病院だけに限られます。歯科クリニックのほとんどは1人体制なので勤務で2人ということはあまりないです。

一方で僻地への歯科医は少しずつではありますが増えつつあります。やはり一般の医者と同じで僻地で勤務することになると週数回程度や大学病院からの依頼といったところです。都会では歯科医が飽和状態になっており、コンビニよりも歯科クリニックが多いといわわれています。ですから他の歯科クリニックとの差別化をはかるために高度な技術を修得したり、接遇を向上させたりしているところが多くなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *