毎日歯磨きをするときに使う歯磨き粉には、とてもたくさんの種類があってどれが良いのか迷ってしまうことがあります。

歯磨き粉の選び方としてはその効果で選んだり、味やパッケージ、メーカーなど様々ですが歯医者がすすめる歯磨き粉を選んでみるのも良い方法です。虫歯になりやすい人に歯医者がおすすめする歯磨き粉としては、フッ素の濃度が950ppm以上含まれているものです。虫歯予防に効果があるとしてよく知られているフッ素を配合したものは多いですが、そのフッ素の濃度が高いほど虫歯予防の効果も高くなります。日本で販売できるとされるフッ素の濃度は1000ppm以下であるため、950ppm以上がおすすめなのです。

また市販されている多くの歯磨き粉には発泡剤が配合されています。これはブラッシングすると口の中に泡がたくさん泡立ち歯を磨いた気分になりますが、きちんと磨いた気分になってしまい磨きのこしが多くなってしまうこともあります。研磨剤も歯磨き粉にはよく配合されていますが、この研磨剤は歯の表面につい着色を落とす効果はありますが、あまりたくさんはいっていると歯の表面に細かなきずをつけてしうことがありその傷によって着色しやすい歯にしてしまうことがあります。

そのため発泡剤や研磨剤が少ないものが歯医者おすすめの歯磨き粉です。歯周病が気になる人に歯医者がすすめるのは薬用効果のあるものです。歯周病は歯垢や歯石によって歯茎が炎症を起こしていますので、歯茎が弱っています。薬用効果のあるものは歯茎の血行を促進してくれる成分が配合されているので歯茎の改善に良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *