歯科で使われるユニフォームは、最近さまざまなものが採用されています。

これまでは、医療白衣の文脈でとてもシンプルな白衣が使われてきました。たとえば、助手のかたもナース服を着ているなどして、取り立てて言及するほどのものではありませんでした。しかし、昨今、いろいろな医療白衣がメーカーから展開されるようになり、歯科助手のユニフォームとして用いられるものにも多様性が出てきたのです。歯科医も通常のドクターコートなどではなく、セットアップタイプのものを着ることがとても多いです。

一般的なものは、ケーシージャケットや、スクラブです。どちらも、身動きがとりやすく、なにより腕の袖口がばたつかないので、手先を使う歯科医や助手には大変人気のある商品となっています。また、このようなユニフォームに必要なのは、清潔感です。デザインから清潔感がただようということも必要ですが、実際に洗濯がしやすい素材が使われていることが求められます。速乾性があれば、すぐに乾くのでストレスなく毎日洗濯することができます。

そのために扱いやすい素材を使用している製品をユニフォームとして用いると良いでしょう。デザイン面もとても大切です。さわやかな配色のもので、患者さんにストレスを与えるようなことのないようにすると、より好ましいです。また、ポケットなどが工夫されているものなど実用面でも頼もしいデザインや、動きやすさを研究してあるものを選択するように心がけると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *