近年、健康を維持するために、自分の歯で食べ栄養を摂ることの大切さが強調されています。

厚生労働省と日本歯科医師会が提唱している、80歳で20本以上自分の歯を保つという8020運動はその良い例です。その反面で日本の成人の約80パーセントの人が歯周病であるという統計もあります。歯を失う原因のほとんどがむし歯と歯周病ですので、そうならないように予防することは重要です。歯を健康に保つにはセルフケアだけでなく、プロのケアが不可欠です。むし歯や歯周病の自覚がある人は、早い段階で評判の良い歯医者の治療を受けることが大切です。

自覚症状がない人でも、定期検診を受けるなど予防の意味で、かかりつけの歯科医院を見つけておくと安心です。良い歯医者を見つけるには、周囲の評判を参考にすることができます。また歯科医院を専門に扱ったインターネットのポータルサイトで情報を得るのも良い方法です。

歯医者の評判でチェックしておきたいのは、歯科医師の治療技術や治療に使う機器、院内の設備があります。さらに忘れてはならない点として、患者の話をよく聞いてくれるかどうか、また歯の状態やこれから行なう治療についての説明をきちんとしてくれるか、という観点からも歯医者の評判をチェックします。患者とのコミュニケーションを大切にする歯科医師は、それだけ患者の口腔内の状態に対する関心と治療に関する技術力を持っているという証拠です。そのような歯科医師のいる医院を選べば、効果的に歯の健康を保つことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *